輸入 海外から日本への引越
輸入通関


輸入通関に必要な書類

Passportコピー
  白紙のページを除く全てのページが必要です。特に写真のページ、ビザのページ及び入国日(帰国日)のスタンプがあるページはできるだけ鮮明なコピーをご用意ください。

Packing List
  荷物の内容明細を記したリストです。通常Originの代理店からFax又はe-mailに添付されてきます。PBO, HHG, MISC, Box, etc.等内容の曖昧なものは全て検査の対象です。

BL (Ocean BL, WayBL 等)
  通常Origin agentから郵送又はFaxされてきます。Ocean BLは船積証券なので絶対にOriginalが必要ですが、WayBLの場合は単なる運送状なのでコピーでも有効です。

別送申告書(原本) フォームはこちら
  この書類が最も重要です。Formは通常入国時(帰国時)の機内又は入国時(帰国時)最初の空港で入手できますが別送品のある人達にのみ配られますので積極的に要求してください。
Formは2枚同じに記入し手荷物検査の際税関に提出してください。税関はそのうちの1枚を控えにしもう1枚にスタンプを押して返してくれます。スタンプの無い申告書は無効です。
もしこの別送申告書を入国時に準備しなかった場合は別途「願書」を税関に提出すると同時に輸入税のAllowanceを受けることはできません。さらに検査のためかなりの時間(日数)がかかります。

内容確認・配達先詳細(原本) フォームはこちら
  特に輸入規制のある物品や税金の対象になるItemに関し本人からの再確認が必要です。通関時全ての荷は検査されますので虚偽の申告は大きなトラブルの元になります。
配達先詳細には実際に荷を配達する住所・電話番号を記入してください。まだ配達先が決まっていない場合は通関完了までにFax 又はe-mailにてご連絡ください。

Visaのコピー
  邦人には必要ありません。一般的に外国人が入国される際とりあえず3ヶ月の短期Visaが発給されます。航空便の通関ではこの短期Visaのみで有効ですが船便通関の場合は長期Visaが必要です。もし長期Visaがまだ取得されていない場合はPetition(長期Visa申請中)を用意してください。

雇用証明書(原本) フォームはこちら
  邦人には必要ありません。
外国人が日本に滞在するための目的を記した証明書で一般的には就労証明書(原本)又は在学(入学)証明書コピーが有効です。

委任状(原本) フォームはこちら
  Eaglenetが荷主から委任され通関を代行するためのものです。



 Copyright 2004 EAGLENETco.ltd., All rights reserved.