輸入 海外から日本への引越
輸入の禁止と規制


1.輸入が禁止されている品物
a. あへん及び吸煙具、コカイン、ヘロイン、MDMA、マジックマッシュルームなどの麻薬、大麻、覚せい剤、向精神薬など
b. 拳銃等の銃砲及びこれらの銃砲弾や 拳銃の部品
c. 通貨または証券の偽造品、変造品、模造品、偽造クレジットカードなど
d. 公安又は風俗を害すべき書籍、図書、彫刻物その他の物品〔わいせつ雑誌、ビデオ、DVDなど〕
e. 偽ブランド商品など知的財産権〔商標権、著作権、著作隣接権、特許権、実用新案権、意匠権、回路配置利用権および育成者権〕を侵害する物品
f. 家畜伝染病予防法と植物防疫法で定める特定の植物とその動物を原料とする製品、植物とその包装物など


2.輸入が規制されている品物
a. 「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」(ワシントン条約)に基づき、動植物の多くのものが輸出入の規制の対象となっています。
b. 植物(パイナップル、オレンジなどの果物、切花、野菜、米などが含まれます)、動物(生肉、乾燥肉、ハム、ソーセージなども含みます)は税関検査の前に動植物検疫カウンターで必ず検疫を受けてください。
c. 猟銃、空気銃、刀剣(刃渡15cm以上)などについては、公安委員会の所持許可を受けるなど所定の手続きを取った後でなければ輸入できないことになっています。
d. 韓国産の大島紬類につては、輸入者個人が使用するものに限り、10m2(2反程度)まで輸入が認められますが、超過分については税金を払っても輸入は認められません。
e. 医薬品、化粧品等については、輸入者個人が使用するものであっても、輸入数量の制限があります。




 Copyright 2004 EAGLENETco.ltd., All rights reserved.